薬剤師−転職コンサルタントの見極め方

薬剤師専門の転職サイトに情報登録すると、コンサルタントが付いて、転職に向けて様々な情報提供・アドバイスを行ってくれます。

良い転職先を見つける為には、コンサルタントとのコミュニケーションは充分に取るようにしましょう。「少し連絡しすぎかな?」と思うくらいが丁度良いのです。コンサルタントの方は、あなたとの連絡が多ければ多いほど、より多くの情報を入手する事が出来、あなたにより合った転職先を探すことが出来るからです。

現在は転職サイトも数多くありますが、お勧めできるコンサルタントを見分けるポイントをいくつかご紹介しましょう。

まず、転職先に関するメリットだけでなく、デメリットもちゃんと伝えてくれるコンサルタントはお勧めできます。万事に共通しますが「好条件にはそれなりの理由がある」訳で、その好条件に隠れた理由をちゃんと伝えてくれるコンサルタントは信頼できます。

次に、対応が迅速なコンサルタントも○です。求人情報というのはとにかく生ものですので、少しでも対応が遅れるとたちまち埋まってしまうことは日常茶飯事です。求人先との連絡や、面接日程の調整を迅速に行って、進行状況をコンスタントに連絡してくれるようなコンサルタントであれば更にベターです。

では、あまりお勧めできないコンサルタントはどういうポイントで見分ければ良いでしょうか。

まず、あなたとの面談が充分でない段階で面接を急ごうとするコンサルタントは要注意です。

前述のように、コンサルタントと転職希望者の関係はとにかくコミュニケーションが一番重要です。あなたの性格や、今までの職歴、転職先に希望する条件等に関するヒアリングが不十分なうちから、求人先との面接のセッティングを急ごうとするようであれば用心した方が良いでしょう。

また、他の会社の求人案件についてデメリットしか言わないコンサルタントも注意しましょう。

自社保有の求人案件に自信があるのは良いとしても、完全ではないはずです。他社が紹介する求人案件にも、注目すべき点やメリットはあります。それを無視して他者案件について悪口しか言わないようなコンサルタントは、転職希望者のことを第一に考えているとは言えません。

このように、転職支援サイトの中にも、良いものと悪いものが存在します。よい転職先を見つけるためには、よい転職支援サイトを見つけることも重要であることを肝に銘じておきましょう。

ページの先頭へ