病院薬剤師への転職選択について

調剤薬局やドラッグストアと比較すると、病院薬剤師への転職というケースは少なめですが、調剤薬局から病院薬剤師への転職や、製薬企業から病院薬剤師への転職という事例はそれなりに存在します。

この場合、転職先が大病院だと、年齢的な制約が出てくるようで、30歳を超えてからの大病院への転職というのはかなり難しいようです。

その一方、中小の病院への転職はそれほど制約はないようです。実際に、製薬会社で65歳まで働いた後に、病院薬剤師として再スタートされた例もあります。

一口に「病院薬剤師」と言っても、病院の種類には大まかに言って下記の3種類があります。

まず1つめは「急性期病院」です。これは、症状の変化が大きい急性期の患者さんが入院する病院のことを指します。

2つめは「慢性期病院」です。ある程度病気の症状が落ち着いて、急激な病状の変化がない患者さんが長期的に入院される病院がこれに当たります。

最後に「ケアミックス」と呼ばれる混合型病院です。前述の急性期病院と慢性期病院の両方の機能を併せ持つ病院のことを意味します。

薬剤師の仕事という観点から見ると、遣り甲斐が大きい分、業務も忙しいのは急性期病院でしょう。患者さんの状態が日々変化していくため、処方箋や薬の内容も毎日と言っていいほど変わります。それだけに薬剤師としてのスキルアップは確実にできる職場です。

一方、慢性期病院においては、処方される薬が変わる頻度は少なく、患者さんも長期入院の方が多く、気心も知れてきますので、急性期病院と比べると、落ち着いて自分のペースで仕事ができると言えるでしょう。

このように病院の種類によって、薬剤師の働き方もかなり変わってきますので、自分がどのように仕事をしたいかによって転職する病院を明確にする必要があります。

病院薬剤師への転職を考えている方は、薬剤師専門の転職サイトを利用してみては如何でしょうか。

専任のコンサルタントが、あなたの希望をしっかりヒアリングして、自分にあった働き方ができる病院を探してくれるでしょう。

ページの先頭へ