調剤薬局で働いてみたい薬剤師さんへ

薬剤師の転職先で、最も一般的なものといえばやはり調剤薬局です。理由は簡単、調剤薬局はその絶対数が多く、実際に薬剤師を必要としているからです。

さらに、調剤業務の経験者はもちろんのこと、調剤未経験の製薬会社勤務の方でも、薬剤師資格を保有していれば、それほど転職に際して支障はないため、いわゆる「つぶしが利く」転職先と言えるでしょう。

調剤薬局の平均年収は400万〜500万円で、管理薬剤師だと少し上がって500万〜600万といったところになります。大手チェーンは年収が低めの傾向がありますが、地方の中小薬局は逆に高めのところが多いようです。

前述した、調剤業務の経験に関して、未経験の方で不安に感じている方は多いと思いますが、薬局側はそのあたりに拘らないところが大部分です。また、自治体等で薬剤師会の勉強会を主催しているところも多いので、そういった催しに参加して臨床知識を予習しておくことも可能です。

どんなベテラン薬剤師の方でも、最初は新卒の薬学生だった訳で、実地経験はゼロの状態から少しずつ知識を吸収してこられているのです。あまりネガティブに考えすぎることはありません。日々の仕事と勉強でどんどん知識を吸収していってやろう、くらいの気持ちを持っていたほうが上手くいくと思いますよ。

確かに調剤経験がないということは転職に際して不安な要素ではありますが、薬剤師の不足が叫ばれている昨今、薬剤師の国家資格を持っているということ自体が大変な強みなのです。調剤は未経験でも、薬剤師として必要としている調剤薬局は数多く存在していますので、自信を持って転職活動を行うようにしましょう。

又、調剤薬局によっては、社内での教育研修制度が充実しているところもあります。どうしても不安な方は、こういったポイントを重視して転職先を探してみるのもよいでしょう。

薬剤師専門の転職支援サイトでは、専任のコンサルタントにこういった希望を伝えることによって、充実した教育研修システムをもつ調剤薬局の求人情報を紹介してくれます。一度利用してみては如何でしょうか。

ページの先頭へ